移動平均線

移動平均線とは

移動平均線とは、一定期間の株価の平均値(5日移動平均線は5日分の平均価格)を
線としてつなぎ合わせた指標です
価格の傾向や流れなど、相場の方向性を見たり
現状の株価や為替などの価格を表すローソク足と組み合わせて、売買のタイミングを計るときに使います

「移動平均線」の組み合わせは数多く存在していますが
一般的には短期(25日)、中期(75日)長期(200日)線の3本を組み合わせ使います

抵抗帯/支持帯

移動平均線は、投資家の心理状態が秘められているため
重要な節目となることが多いです

下落が続いている中で多くの人は「高い位置で売りたい」と考えるのはごく自然なことだと思います
そうした中で移動平均線で頻繁に上昇が止まっていたとすれば多くの人がこの位置で
売りたいと考えるはずです

これは移動平均線(75日)が抵抗線となっています

下図は何度も移動平均線で跳ね返されています

逆に上昇中であればサポートラインとして意識されることもあります

売買のタイミング

売買のタイミングは移動平均線のゴールデンクロス(GC)、デットクロス(DC)で
判断します

ゴールデンクロス
短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けること
直近の価格傾向が上向きに転じたとみられるため買いサインとなります

 

デットクロス
短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜けること
直近の価格傾向が下向きに転じたとみられる売りサインとなります

移動平均線でトレンドを知る

移動平均線とローソク足の位置関係から
今が上昇/下落トレンドなのかレンジ相場なのかを
判断することができます

〔ローソク足と移動平均線の位置関係〕

・ローソク足が移動平均線より上:上昇トレンド

・ローソク足が移動平均線より下:下落トレンド

・ローソク足と移動平均線が重なっている:もみ合い

注意点

あくまでも相場転換の可能性を示すシグナルであり確実に相場転換するとは限りません
実際の相場転換より遅れてGC/DCが発生したり
発生してもまた元のトレンドに戻るようなダマシも多いです

そのため移動平均線だけで相場転換を判断するのではなく
そのほかのテクニカルと組み合わせ使うことをお勧めします