RSI

RSIとは

直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測し
買われすぎ、売られすぎを数値化して、相場の強弱を教えてくれる
オシレータ系の代表的なテクニカル指標です

数値は0~100で表され、一般的に70~80%以上で買われすぎ
20~30%以下で売られすぎと判断されます

RSIの使い方

上記で説明した70%〜80%以上で売り、20%〜30%以下で買ったらいいのかと
聞かれれば【NO】です

なぜなら70%以上、30%以下でさらに伸びることが多く
そこで終わりなのかさらに伸びるのかが判断できないからです

「頭と尻尾はくれてやれ」
リスクを負って大きく狙うよりも折り返して70%、30%を超えたところで
エントリーしたほうが利益が少なくなりますが確実です

ダイバージェンス

下図はダイバージェンスになります

ダイバージェンスとは値動きがより高い値段を付けて高値更新したのに対してRSIが上値更新できなかったり
逆に値動きが安値更新したのに対してRSIが下値を更新しなかったりする現象です

 

 

ダイバージェンスは相場の転換を暗示するものとされており
MACDのダイバージェンスは相場の天底の出現を示唆する可能性が高いサインです

注意点

RSIは逆張り用のテクニカル指標の1つですが
比較的うまく機能するのはボックス相場あるいは穏やかなトレンド相場のみです

強い上昇/下落トレンドにおいては買われすぎに見える局面で売ってもその後さらに上昇
売られ過ぎに見える局面で買ってもその後さらに下落することがあります

下図は強いトレンド時に見られる例です

70%以上の買われすぎゾーンにいるにもかかわらず
その後さらに上昇しています

強い上昇/下落トレンドにおいてはRSIだけではなく
トレンド系の指標である移動平均線やMACDなどを併用して
総合的に判断した方がいいでしょう