MACD

MACDとは

MACDとは、異なる計算式によって算出された「MACD」と「シグナル」の
2本線から買われ過ぎと売られ過ぎを判断するテクニカル分析です

相場のトレンドがわかるだけではなく
2本線から構成されておりわかりやすいということで
投資初心者からも重宝されています

MACDの使い方

MACDは基本的に、「ゴールデンクロス(GC)」と「デッドクロス(DC)」と呼ばれる
2つの売買シグナルをもとに取引の判断を行います

・ゴールデンクロス:MACDがシグナルを 上 に抜ける
・デットクロス  :MACDがシグナルを 下 に抜ける

過去の相場の平均であるMACDとMACDの平均であるシグナルが
同じ方向を向いているということは、MACDで見たときの大きなトレンドを表していることになります

必ず向いている方向にトレンドが発生するわけではないですが
ほとんどの場合トレンドとMACD、シグナルは同じ向きを向いています

買いシグナル

先行するMACDが遅行するシグナルを下から上に抜いた時が
買いのタイミングとなります

また2本のMACDがともにゼロのラインを上回れば、信頼度が増します

上図はMACDがGC(赤丸)しているところです

売りシグナル

先行するMACDが遅行するシグナルを上から下に抜いた時が
売りのタイミングとなります

また2本のMACDがともにゼロのラインを下回れば、信頼度が増します

上図はMACDがDC(赤丸)しているところです

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは株価は高値/安値を更新しているにもかかわらず
MACDが高値/安値を更新していない状況のことを言います

上図はダイバージェンスになります
株価が高値を更新しているにもかかわらず
MACDは切り下がっておりその後大きく下げています

ダイバージェンスは相場の転換を暗示するものとされており
MACDのダイバージェンスは相場の天底の出現を示唆する可能性が高いサインです

注意点

MACDはじりじりと上昇/下降またはボックス相場では
機能しにくく信憑性が低くなります

そのためMACDを使用して取引する場合は明確にトレンドが発生している相場を
選んで取引する方が信憑性が高くなります

方向性に欠けている相場では、売買シグナルやダマシが多発することが多いです

また短い時間足であればあるほど、ダマシが多く発生します
時間足が短いほど、MACDとシグナルに株価の変動が表れやすく
根拠の弱い売買シグナルが出現しやすいです

ダマシに引っ掛からないために大きな足でトレンドを把握しておき
反対方向に動いてしまった場合にはしっかりと損切を行うことが必要です