ストイキャスティクス

ストキャスティスクとは

ストキャスティクスは一定期間の高値と安値を活用して、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断します
現状の価格が一定期間の高値および安値と比較して、どの位置にあるかで算出されます

ストキャスティクスに似ているRSIは買いゾーン、売りゾーンで判断するのに対して
ストキャスティクスは2本の線を用いて明確に売買シグナルが出るので
相対的に判断しやすいテクニカル指標であると言えます

ストイキャスティクスの使い方

2本の線をそれぞれ「%K(パーセントK)」、「%D(パーセントD)」と呼びます
基本となる「%K」と、%Kを平均した「%D」という動きの異なる2本の線を表示し
その位置や2本線の交わり方から売買タイミングを判断します

売買シグナルとしては、

“%K”“%D”を上抜いた地点が買いシグナル

“%K”“%D”を下抜いた地点が売りシグナル

また、%Kが70%以上の時は買われ過ぎ%Kが30%以下の時は売られ過ぎとなります

青ライン→%K
赤ライン→%D

 

特に80%以上、20%以下で%Dが反転する時は有効であるといわれています。

ダイバージェンス

70%以上の水準で、株価が高値更新
ストキャスティクスが前回高値を超えずに調整した場合の売りシグナル
これをダイバージェンスと言います

上図はダイバージェンスになります

株価は高値更新しているにもかかわらず
スチキャスティスクは切り下がっています

これは下落トレンドへ転換する売りシグナルとして活用できます

コンバージェンス

30%以下の水準で、株価が安値更新
ストキャスティクスが前回の安値を下回らずに切り上がった場合の買いシグナル
これをコンバージェンスと言います

上図はコンバージェンスになります

株価は安値更新しているにもかかわらず
スチキャスティスクは切り上がっています

これは上昇トレンドへ転換する買いシグナルとして活用できます

注意点

ストキャスティクスは、最近の最低値、最高値を利用して計算されますので

上がりもせず、下がりもせず、という状態が長く続いたときは

あてにならない数値を示してしまうことがあります