フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメント

チャートを見ればわかるように、チャートは高値と安値を作りながら
上下動を繰り返しています
過去の高値と安値の値幅から今後の節目を予想するのが「フィボナッチ・リトレースメント」です

相場の世界にも「半値戻し」「3分の1押し」といった言葉がありますが
フィボナッチ・リトレースメントでは、フィボナッチ数列から導き出される
23・6%」 「38・2%」 「61・8%」 「76・4%
といった数値を重要視します

チャートは、投資家の集団心理で形成されているため
フィボナッチは、多くの投資家が注目しているテクニカルツールです

意識されるポイント

リトレースメントとは、「値動きの方向に対して一時的に少し逆方向に動く」という意味で使われます。

つまり、フィボナッチリトレースメントは、

  • 上昇トレンド時:一時的に少し下落する
  • 下降トレンド時:一時的に少し上昇する

という場合に使われます。

 

上図を見るとわかるように上昇トレンド時に
一時的に下落しています

このラインが意識されていることがわかります

強いトレンド

 

上図はフィボナッチは38.2%押し目となっています
このあと高値を更新して、チャートの形はNの字になりました

トレンドが強いと23.6%38.2%が押し目となって
さらにトレンドが継続することが多いのです

トレンド転換の可能性

ここからトレンドが継続すると考えるトレーダーがいる一方
半分まで反転したらいよいよトレンドが転換するのでは❓
と考えるトレーダーも増えてきます

また、61.8%まで上昇(下落)すると、そこからトレンドを再開させて安値(高値)を更新するには
そう簡単にはいかなくなります
そのため、フィボナッチ50.0%61.8%まできたときは、トレンド転換の可能性があります

下図を見てわかるように61.8%まで戻りその後上昇しています

上限値/下限値の目安を知る

フィボナッチを使うことで上昇/下落トレンドの
上限値/下限値のおおよその値を知ることができます
値を知ることで利確ポイント等の目安になります


上図は直近の波形からフィボナッチを取っています

フィボナッチの他にトレンドラインやその他テクニカルツールを
合わせることにより、より正確な予想値を立てやすくなります

まとめ

上記内容をまとめると下記のようになります。

23.6% 株価の戻りの最初の目安
38.2% 株価の戻りが止まることが多いライン
3分の1戻し
50 .0% 株価の戻りが止まることもあれば
トレンド終わり、転換した可能性がある
半値戻し
61.8% 株価の戻りが止まることもあれば
トレンド終わり、転換した可能性がある
78.6% ここでも戻りが止まらなければ、トレンド終わった可能性が高い

 

1・5分足などの短い時間軸よりも
4時間足や日足などの長い時間軸ほどフィボナッチが意識されやすいです

これはより多くのトレーダーに見られているためです

しかし毎回いずれかのフィボナッチ比率で反転するとは限りませんので
想定していたフィボナッチ比率で反転せず、抜けることもあります

一つのテクニカルツールが必ず当てはまると言うことはないので
目安の一つとして使う方がいいです