2/28 日経先物予想 ダウ平均過去最大下落!コロナの影響いつまで!?

孤高のチャーティスト

ドンドンドドンドンッアルマン丼です_(_^_)_

27日のニューヨーク株式市場はダウ平均株価は大きく値下がりし
値下がり幅は1190ドル余りと、1日としては過去最大を記録

新型コロナウイルスの感染拡大への懸念を受けた世界的な株安の連鎖に歯止めがかからず
金融市場の動揺が続いています。

この日は新型コロナウイルスの感染拡大が続き
アメリカでも感染経路が不明な患者が見つかったことから、取り引き開始直後から大きく値下がり
取り引き終了にかけて、さらに下げ幅を拡大しました。

ダウ平均株価の値下がりは、これで6日連続です。

今週に入ってからの値下がり率は11.5%で
アメリカメディアは「これほどの値下がり局面はリーマンショック直後の2008年10月以来だ」と伝えています。

一方、金融市場では投資家がリスクを避けようと、安全とされる債券市場に多くの資金が流れ込み
長期金利の目安となるアメリカの10年物国債の利回りが過去最低を更新したほか
金の価格も7年ぶりの高値水準まで値上がりしています。

また、経済活動の停滞で需要が減るとして、原油価格は大きく値下がり。
新型コロナウイルスの感染拡大が続き、今のところ、安心材料が見当たらない状況
金融市場の動揺は当面続きそうですね

では本日の予想と展望いきましょう( ^ω^ )

 

【日経先物】
NYダウ              -1190.95
値上がり銘柄     1
値下がり銘柄    29

27日の米株式市場でダウ平均は6日続落
前日比1190ドル95セント(4.4%)安の2万5766ドル64セントで終え
2019年8月27日以来、半年ぶりに2万6000ドルを下回った。

下げ幅は18年2月5日(1175ドル)を上回り過去最大
12日に付けた過去最高値からの下落率は「調整局面」入りとされる10%を超えた。
新型コロナウイルスによる肺炎の感染が世界で広がり、世界景気の下振れ懸念が強まった。

米疾病対策センター(CDC)は26日、カリフォルニア州で海外渡航歴がなく
感染者との接触も未確認の人への感染事例があったと発表

欧州や韓国でも感染が一段と広がっており、ヒトやモノの移動の制限の長期化が景気の下押し圧力になるとの見方が強まった。

またバンク・オブ・アメリカは27日、20年の世界の経済成長率の見通しを従来の3.1%から2.8%に下方修正した。

 

日経先物
4時間 →DC
8時間 →DC
日足  →DC

日経平均株価は大幅に4日続落
2019年10月11日以来、4カ月半ぶりに2万2000円を下回りました

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の警戒感が強く
海外投資家による売りが優勢の状況です

ダウ平均も過去最大の下げ幅を記録

下値は21270円付近と見ていますが
ファンダ要素が強いだけに
ここでしっかり反応するか
ここを抜けてくるようならさらにもう一段の下落が
予想されます

エントリーするときは
ロスカットはしっかり入れとくことをお勧めします。

ではそろそろトレードに戻ります

本日も皆様に爆益あれ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です