1/27 ドル円&日経先物予想 新型肺炎拡大!?相場への影響とは!?

孤高のチャーティスト

ドンドンドドンドンッアルマン丼です_(_^_)_

 

イギリスがEUから離脱する期限が今月末に迫る中
アメリカのムニューシン財務長官は
「アメリカはイギリスとの交渉に多くの時間や人材を割く準備ができている」と述べ

年内に自由貿易協定を結ぶことは可能だという考えを示しました。

 

イギリスは今月末にEUから離脱する見通しで
その後は急激な変化を避けるために設けられたことし12月末までの「移行期間」に入り
各国との間で自由貿易協定の締結を目指すことになっている

これについて、アメリカのムニューシン財務長官は25日ロンドンで講演し
イギリスのジャビド財務相と会談したと明らかにしたうえで
「トランプ大統領はアメリカにとってはEUから離脱したあとのイギリスが
貿易交渉の最優先の相手だと言っている。トランプ大統領とイギリスのジョンソン首相はとても関係がよく
私は楽観している」と述べました。

そして、「アメリカはイギリスとの交渉に多くの時間や人材を割く準備ができている」として
年内にアメリカとイギリスが自由貿易協定を結ぶことは可能だという考えを示した

各国との貿易交渉をめぐっては、1年足らずという短い期間でまとめるのは至難の業だという見方が大半で
自国第一主義を掲げるアメリカがどのような交渉を展開するのか注目ですね

 

では本日の予想と展望いきましょう( ^ω^ )

 

【日経先物】
NYダウ              -170.36
値上がり銘柄     6
値下がり銘柄    24

新型肺炎に関連し、米疾病対策センターが24日
米国で2人目の感染者が見つかったと発表

米国内の感染拡大を警戒した売りが優勢だった。

中国で感染が広がり、同国景気への影響が懸念された
中国関連銘柄とされる化学のダウや建機のキャタピラーを中心に売られ

ダウ平均の下げ幅は一時300ドルを超えた。

 

中国では拡散を防ぐため、観光施設の閉鎖やイベントの自粛が広がっており
観光業への影響が懸念され
アメリカン航空など空運株、マカオでカジノを展開するウイン・リゾーツやホテル株の下げも目立った。

しかしダウ平均は下げ渋る場面もあった。

航空機のボーイングが一段高となった。
墜落事故を受けて運航停止中の小型機「737MAX」について
「米当局は年央より前に運航再開を認める可能性がある」と伝わった。

前日夕に発表した2019年10~12月期決算が市場予想を上回った半導体のインテルは8%上げ、ダウ平均を支えた。

 

日経先物
4時間 →DC
8時間 →DC
日足  →DC

新型ウイルスの感染が広がり
感染拡大を警戒した売りが優勢に

また中国・武漢市が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため
公共交通機関の運行を停止する措置を発表

中国景気が減速し、インバウンド需要が低迷するとの懸念が広がり
運用リスクを回避する雰囲気も強まりました

 

24050円のショートは
23750円で決済

23050円のロングも予告通り
23650円で決済しました

ショートで300円幅
ロングで600円幅

前回のロングも合わせて
1850円幅取れました( ^ω^ )

 

23250円までの下落あればロングエントリーを
考えていますが

ここで反応せず割ってくるようならさらなる下落が
予想されますので

23150円割れはカットします

 

ではそろそろトレードに戻ります

本日も皆様に爆益あれ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です