1/16 ドル円&日経先物予想 米中貿易交渉第1段階合意!貿易摩擦は緩和に向かうか!?

孤高のチャーティスト

ドンドンドドンドンッアルマン丼です_(_^_)_

 

米中両政府が貿易交渉の第1段階の合意文書に署名したことから
ダウ平均株価が最高値を更新

15日のニューヨーク株式市場はダウ平均株価の終値が前日に比べて
90ドル55セント高い、2万9030ドル22セントと最高値を更新しました。

米中両政府が第1段階の合意文書に正式に署名したことで
世界経済の懸念となってきた貿易摩擦が緩和に向かうという期待から買い注文が広がりました

関税の上乗せ措置がすべてなくなるわけではないが貿易摩擦は一時休戦で
エスカレートすることはないと受け止められた模様

トランプ大統領は11月の大統領選挙までは経済を
重視する姿勢を続けるか

 

では本日の予想と展望いきましょう( ^ω^ )

 

【日経先物】
NYダウ              90.55
値上がり銘柄    17
値下がり銘柄    13

米中政府が貿易協議の第1段階の合意文書に署名
米中合意が米国景気と企業業績の追い風になるとの見方から買いが優勢になった。

合意文書には、知的財産の保護や中国による米IT技術移転の強要禁止
米農産品輸入額の拡大など7項目が盛り込まれた。

発動済みの対中制裁関税は当面続く見通しだが
貿易摩擦による米景気の不透明感が後退した。

 

朝方発表の2019年10~12月期決算で1株利益が市場予想を上回った
医療保険のユナイテッドヘルス・グループが上昇し
1銘柄でダウ平均を55ドル押し上げた。

一方、米銀行大手バンク・オブ・アメリカが
19年10~12月期の決算発表で今年前半の純金利収入が減るとの見通しを示し、嫌気した売りが出た。
JPモルガン・チェースなど銀行株全般に売りが広がった。

 

日経先物
4時間 →GC
8時間 →DC
日足  →GC

米中政府が貿易協議の第1段階の合意文書に署名し
世界経済の懸念となってきた貿易摩擦が緩和に
向かうという期待から上昇

しかし発動済みの対中制裁関税が
解除されたわけではありません

23050円前後の買いは
24000円で半分利確し

24050円でショートを挟み
たいと思います

ここでのショートは23400円くらいで
利確予定

24150円を超えてきたら
もう一段の上昇が見込めるため
外します。

ではそろそろトレードに戻ります

本日も皆様に爆益あれ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です