8/28 ドル円&日経先物予想 閑散相場!レンジ相場を打破するには!?

孤高のチャーティスト

ドンドンドドンドンッアルマン丼です_(_^_)_

 

米中貿易摩擦や世界景気に対する根強い不透明感が

相場の重荷となり上値を買う動きは
見られませんね。

昨日は日経平均株価5日線に接近したものの
戻り待ちの売り、利益確定売りで

レンジ相場が継続しています

 

現状は下値も2万円が強く意識されており
要員としては
・日銀ETF買い
・GPIFの買い

が下支えになっています

このレンジ相場を打開するには

ファンダ要素が必要となってきますので
トランプさんのツイート、発言には
注意しときたいです。

 

では本日の予想と展望いきましょう( ^ω^ )

 

【ドル円】
note追記しております(*’ω’*)

ドル円週間展望 8/28追記

※今週より購入者様専用の無料ディスコードを作りましたので
購入者様にはその都度ご招待させてもらいます。

 

【日経先物】
NYダウ           -120.93
値上がり銘柄   11
値下がり銘柄   19

①米2年物国債利回りが10年債を一時0.05%程度上回った
景気後退の前兆とされる「逆イールド」が強まる

→利回り差は2007年以来の大きさ

 

②トランプ米大統領が前日に中国との貿易交渉を再開すると表明し
米中貿易戦争への過度の警戒感が和らいだ。
また中国政府が27日に20項目の消費拡大策を発表したことも買い材料に

 

米中貿易摩擦や世界景気に対する根強い不透明感が相場の重荷に
中国政府が発表した消費拡大策が好感され買いが先行したが
中国売上高の大きい銘柄の下げが目立った

 

日経先物
4時間 →GC
8時間 →DC
日足  →DC

引き続き下20100円、上20750円の
レンジ内の動き

今はまだ相場を転換させるような
ファンダ要素も出てきていない
ことから目線はもう一段の下落を
想定して売り目線でいます

市場は未だ一喜一憂しており
実際に米中協議が始まらない限り
長期で勝負するには厳しい状況です。

20750円をぬけをロスカットに
売り目線でいきます

ではそろそろトレードに戻ります
本日も皆様に爆益あれ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です