6/10 ドル円&日経先物予想 対メキシコ関税延期!6月はファンダ要素に要注意!?

孤高のチャーティスト

ドンドンドドンドンッアルマン丼です_(_^_)_

 

本日10日アメリカがメキシコに対して関税引き上げ

の予定でしたが8日朝トランプさんは
「メキシコと同意、関税上乗せ見送り」
とコメント

無期限に延期されることが決定しました

 

あとは米中貿易協議
トランプさんはG20の後に決断すると
発言しています

実際米中貿易協議が実施されるかは
決まっていませんが
貿易戦争が進展に向かうのか、決裂するのか
とても重要な場面になってきます

 

6月相場はファンダ要因が非常に強いため、まだ油断はできません
買い勝負をするのはもう少し先(^_^;)

またタイミングきたら更新していきます

 

では本日の予想と展望いきましょう( ^ω^ )

 

【ドル円】

note追記しています

ぜひ参考にしてください(*’ω’*)

ドル円週間展望 6/10追記

 

【日経先物】
NYダウ  +263.28
値上がり銘柄  27
値下がり銘柄   2

5月の米雇用統計を受けてFRBが早期に利下げするとの
観測が一段と強まり幅広い銘柄に買いが優勢となった

アメリカ5月雇用統計
結果  7.5
予想 17.5
前回 26.3

失業率は3.6%と前月から横ばいで、49年ぶりの低水準を維持。

→一時2万6072ドルをつけ、2018年10月の史上最高値(2万6828ドル)まで
800ドル弱に迫り5月6日以来ほぼ1カ月ぶりの高値で終えてます

週間の上昇幅は1168ドルと大幅に上昇⤴️

 

またアメリカはメキシコに対する関税を見送り
本日実施される予定だった関税は無期限に延期されました

 

あとは米中協議
トランプさんは「G20大阪サミットの後に決断する」とコメント

米中首脳会談が実施されるかは正式に決まっていない
ここで米中会談が実現し貿易戦争が進展に向かうのか
に要注目となります^ ^

 

日経先物
あとは、国内政治
消費税増税を凍結させるのか、実施するのか

増税を凍結させてくるのであれば12日のイラン外遊時に
安倍総理の口から発言があると思います

なければ、消費税増税はほぼ確定となりラストチャンスはG20のみ

消費税増税を決定してくれば、海外勢は日本株をポートフォリオに
組み入れにくいでしょうから、上値の重たい展開が続くと思われます

時間軸とファンダから周期を予測した場合
10月から上昇波動に入っていくと思いますが
消費税増税をした場合は、緩やかな上昇程度にとどまり、
次の世界市場が下がった時は、日本が一番下落するパターンと
なりそうです( ̄∇ ̄)

 

消費税増税の凍結、衆参同時選挙、G20での米中協議の進展、
すべてが重なれば23000円まで一気に上がる可能性もゼロではありません

消費税増税がどうなるか?
これで方向性が決まります。

上値が大きくなるかは、まだ分かりません。
あくまで消費税増税が凍結されるかどうか?
今のところ増税ありきとなっているので
そこまで大きな上値は期待できません。

 

ではそろそろトレードに戻ります
本日も皆様に爆益あれ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です